外壁塗装埼玉県でコスモスペイントの塗り替え
 
コスモスペイント
毎日の工事施工です
 
 
 

         <外壁塗装>

 

外壁塗装の塗り替え(下地モルタル、コンクリート等)

2階建て住宅の外壁塗り替えを行う際に、塗装回数6回の厚塗りので1斗缶の塗料を約20缶以上使用します。
しかし、実際に塗装を行った後にどの位の塗料が使用されたのか、見た目では分かりません。
また、外壁にどんな効果があるのか、使用禁止や危険な物質が使われていないかなども、丁寧に説明させて頂きます。塗装業者によっては見た目には綺麗に塗装が施されていても、塗料を2~3缶しか使っていない場合もあります。
これでは2~3年で外壁の劣化が始まり、すぐにまた塗り替え工事を行う必用がでてきてしまいます。
 


 

 

外壁サイディングの塗り替え の目安
(1)築3年迄の塗り替えはクリアー塗装の施工が最適です
シーリングの劣化が始まります
(2)築10年以内の塗り替え、サイディングの浮きやユガミもでてきます
シーリングの再処理や浮きの締め付けが必要です
(3)築15年以内の塗り替えはサイディング自体のフヤケが出てきます
部分的なサイディングの張り替えとシーリング再処理、浮きの締め付けの処理が必要です
帯、破風もフヤケていれば張り替えが必要です
 



 
 

 

屋根の種類と塗装

屋根塗装、コロニアルは多く使用され塗り替えが行われています。使用塗料は水性、弱溶剤1液、弱溶剤2液が多く使われています。瓦屋根も焼き物、セメン瓦等下地の合わせた塗料が有り下塗り材も有ります、金属屋根、折半屋根、トタン屋根等も有り痛みに合わせ下塗り上塗りも状況に合わせ使用塗料が有ります、
 

 
 

 

屋根コロニアル、屋根瓦の修理

屋根コロニアルは10年以上経つとカサギトタンの下地板の腐食が起こります、この板を取り換える事で長持ちします当然釘部分のシーリング処理や塗装が必要です。屋根瓦はムネ部分の漆喰塗りや瓦の調整が必要です 


 
 

 

住宅内装の改装修理と交換

内装のクローゼット。部屋の床の直し、水回り、風呂場ユニットバス、に取り換え、洗面化粧台の取り替え、等クロス張り替え等多くの内容が有ります。
 


 

 

軒天の張り替え、他 破風板窓枠等の直し

 
 ビルなどの様に住宅の屋根にあたる上部が屋上になっている建物には無く、向かい合った傾斜する屋根が設置されている一戸建て住宅には必ずあるのが「軒天」です。
軒天には木製のベニヤ板を使用したものが一般的で、雨や紫外線などの影響を受けて劣化を起こしていきます。
木製ベニヤ以外にも、繊維質素材で作られ耐久性のあるケイカル板(ケイ酸カルシウム板)を使用した軒天の場合でも、外部刺激を受けて劣化します。
この項目では、傷んで劣化が進行してしまった軒天の修理工程をまとめています。
破風板、窓枠、霧除け、等外部の傷んだ部分の直しを行わないと塗装は出来ません

 

外壁サイディング塗装
(塗装前)
 
(塗装後)
 
外壁塗装前のシーリング部分やサイディングの浮き とシーリング処理を行い塗装後です
シーリング部分が隙間が空かない様に広く被せ厚くシーリング処理を行います長持ちする
様に施工しました。
  
サイディング塗装前に下地処理が必要です外壁サイディングの浮きに対して〆付け
シーリンゴを撤去後に新しくシーリング処理を行います
  
シーリング処理、旧シーリングを撤去後にプライマーを塗り新しくシーリング処理を
行います、サイディングの合わせ目も隙間が空き手います、年数が経つとサイディング自体がチジミ隙間が空きますこの部分にもシーリング処理を行います
  
外壁サイディングの下塗り後に中塗りにサーフエポを塗ります隙間を埋める塗装ですこの後に仕上げ材、ファインSI(シリコン)2液を2回塗り仕上げます
 
  
付帯塗装
  
屋根遮熱塗装の前にカサギトタンの釘〆や釘の打ち足しを行い釘部分にシーリング処理を
行います、下塗りにミラクシーラー強溶剤2液を塗り仕上げ塗装を行います
シャネツロック2液弱溶剤2液を2回塗り仕上げます、塗装後に縁切り作業を行います
  
屋根縁切り作業と屋根塗装後